2021年03月15日

明治時代のまち(その1)



今年2021年は令和33年です。
昭和96年
大正110年 
明治154年・・・と、なるわけですが、

そんな明治〜大正にかけての土浦市内のごく一部の古地図を
ある方からいただきました。るんるん



map.jpg




明治〜大正時代

map2.jpg


現在



キララちゃんバスの事務局がある
土浦商工会議所は、明治時代には酒屋さんだったことがわかります。

前野呉服店さんのお隣の石屋さんは
昔から同じ場所ですね。

現在、筑波銀行がある場所には市役所があったそうです。銀行

UFJ銀行と松庄花壇さんの昔は旅館だったのですねー。

それにしても商店の多いことに驚きます。
士農工商は江戸時代だったはずよね?
産業革命は明治時代?
今でいうサラリーマンの会社勤めは、明治以降らしいので、
この頃を境に商人が減っていったのでしょうかねー。


昔と今とを見比べてみると、ほんと、面白いです。
明治〜大正時代を知る人は、たぶんもうこの世には いらっしゃらないから(笑)
古地図を持って「昭和のはじめの思い出の土浦を語る会」なんかやってみたら
きっと楽しいだろうな〜。



posted by キララちゃん at 16:40| Comment(0) | 日記