2021年03月16日

明治時代のまち(その2)



前回に引き続き
土浦のまちをタイムスリップします。
商工会議所の前の本町通りを北上した
城北町付近です。



map3.jpg


明治時代





map4.jpg


現在


辻先生(常陽医院さん)は300年以上
この場所です。病院
曲がり角のことを「辻」ということで、
ここ水戸街道の曲がり角で土屋藩医として武家だけでなく
町民の診察もされていたそうです。



ここの月読神社は別名「三夜尊」三日月

美味しい釜飯で有名な角田さんは、昔
洋品店をなさっていたのですね。

お豆腐やさんとかお茶屋さんとかは今も昔も馴染みのお店ですが、
「荷札や」とか「殻や」「種紙や」となると「?」
なんでしょう?
「せんべんや」はお煎餅屋さんのことかしら?
人力車夫や馬車曳きさんもいます。

巷で人気のゲーム「あつまれどうぶつの森」
この時代を背景にした「あつまれ明治のどうぶつの村」なんてものが
できそうな気がする。面白いかも〜(笑)




posted by キララちゃん at 10:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。