2021年06月23日

地域交通


地域交通を守っていく、継続していくこと。
なかなか難しいことです。

地域公共交通プロデューサーの加藤博和氏は
「公共交通が維持できない」=「にぎわいがない」=個性がない=「まちが衰退する」
と、おっしゃっています。
うーーーん。確かに!


話は飛びますが、
今や母親となった娘が幼稚園に通っていた時の
園長先生のお話を今でも覚えています。

「働くお母さん(お父さん)たち、朝に夕に、時間が惜しい程に忙しいでしょう。
今や車で送迎をされることが当たり前のようになっていますが、
もし、可能であれば、少し時間に余裕をつくって
お子さんの手を握って、歩いて登園してみてください。
歩きながら「あらお花が咲いてるね」「鳥の声がするよ」
「今日の空は、とても青いね。怪獣みたいな形の雲だね」
「あ、お向かいのおじいちゃんだよ。おはようございまーす」など、
会話をしたこと、時間を共有したこと、お母さん(お父さん)の手の温もり、
きっと、子供たちはずっと忘れないはずです。」


ennji.png



当時、仕事と育児と追いかけっこしていた私は「へ、言ってらぁ」と、
右から左に受け流すムーディ勝山状態でした。わかっちゃいるけど、やってらんない。
しかし、2人目3人目の子供を育てていくうちに、当時の園長先生のお話に共感。
「大切だな〜」という余裕が生まれちゃったのです。
子供と手をつなぎ、ゆっくり歩くことで、普段は見えない景色、
気づかない自然を五感で感じながら、自分が住む
まちを知ることができました。

そこには親子のコミュニティだけでなく
地域のコミュニティも育つんだということが わかったのです。


地域に生きている。ということ。
自分たちが住んでいる地域の風土に触れるということ。
手の温もりを通じて心に刻まれる(残る)育ったまちの思い出。


小さなころに地域の風土に触れた分だけ、地域愛着が強くなると云われます。

地域愛着を持つ人たちが多ければ多い程、
地域は活性化され、地域交通を維持することにも前向きになるはず。


地域の活性化を目指すためにコミュニティバスを運行する。バス
これが、我々NPO団体の目指すものなのです。ぴかぴか(新しい)





posted by キララちゃん at 15:25| Comment(0) | 公共交通

2021年06月16日

あなたはどっち?



いきなり、質問です。

「あなたは、信号のない横断歩道を渡ろうとしている人がいたら、停車しますか?」

交通ルールでは、「あたり前田のクラッカー」で、停まることが原則です。
が、なかなか見過ごす人が多いのが現状ですよね。

「あっ」と気づくのが遅かったり、
数珠つなぎにバンバン走ってくる後方車があれば、
ここで流れを止めてしまって、ブーイングされたくないとか、
まじ、急いでいるとか・・・


JAF(日本自動車連盟)の近年の統計では、実際に停止した車は全体の17.1%


o0300024814719116410.jpg



47都道府県でダントツTOPは、長野県の68.6%なんだって。
素晴らしい!3人に2人の愛ある長野県民は、停車するのです!

まさか、自動車保有率も自動車窃盗数も自動車事故件数も多いこの茨城県は、
もしかしたらワースト10に君臨しているのではなかろうか・・・


長野県民に「どうして停車するのですか?」と聞いたところ、
「渡る人は必ず、きちんとお辞儀をしてくれる」だからだそうです。
素晴らしい!さすが「全人教育」の長野県です。
停車しているドライバーは、小さかった頃に横断歩道で停まってもらった
経験があるのでしょうねー。


今更ドライバーに、「停車しましょう!」なんて啓発するよりも
小さな頃から、日常的なマナー、あいさつや感謝の気持ちを伝える、
相手の立場で物事を考える等
「あたり前田のクラッカー」のはずの習慣、秩序を育てていくことが大事なんだと思います。

そもそも、「車社会」ではなく、「人社会」になることが一番ですがね♪





posted by キララちゃん at 13:59| Comment(0) | 公共交通